ホームに戻る

一般社団法人これからの福祉と医療を実践する会 特別研修会vol.61の御案内

 

日 時   2017年9月15日(金) 10:00〜16:30

 

【医事課特研】

医事課として経営支援に貢献し

働き甲斐も手に入れよう!

@          医事課としてレセプト業務を確実に努めよう

A          医事課の持つデータをしっかりと活用しよう

B          経営支援部門として病院全体に貢献しよう

 

会 場   戸山サンライズ 大会議室

発題者  一般社団法人これからの福祉と医療を実践する会 運営委員   和久井 敏夫

同   一般社団法人これからの福祉と医療を実践する会 副理事長   天野 武城

         参加費    会員 12,000円  会員外 18,000円

 

 

2018年の同時改定を控えて、医療機関には確実な対応が求められます。その第1は改定に左右されないしっかりとした経営・運営の実践、第2は改定の内容理解、第3は第1・第2を支える医事課の活性化です。今回の研修は、この第3を実現することを目指しています。

レセプトを処理するだけではなく、経営管理資料の作成や施設全体のファシリテータとして活躍することなど、医事課に求められる役割が拡大・変化しているのですが、医事課の活躍している病院は、病院全体を生き生きとさせ、患者満足度も経営内容も充実していることは定説となっています。この研修では、このような医事課の活性化や役割拡大へのヒントと意欲を学んでいただきます。その結果として医事課が施設全体の活動や経営支援に貢献するとともに、医事課職員の意欲付けや知識向上ともなり、職務満足度が向上し、働き甲斐を手に入れることが可能となるのです。

 

【研修の主題】

第1課

仲間の汗を無駄にするまい

 

 

 

 

レセプト請求の精度を上げる

 

 

 

職員の資格などの施設基準を確保する

 

 

 

医療職員にレセプトの仕組みを啓蒙する

 

 

 

増収と経営安定理念実現の関係を理解する

 

第2課

宝の持ち腐れはいたしません

 

 

 

 

医事課の持っているデータのあらまし

 

 

 

医事課データの経営への活用

 

 

 

データを中心とする改善策の討議

 

すばらしきかな経営支援部門

 

 

 

 

経営支援部門とはウラカタではない

 

 

 

医事課が果たすべきファシリティ機能

 

 

 

活躍している医事課の事例

 

 

【研修内容】

@  医事課としてレセプト業務を確実に努めよう

そのためには、施設基準の確認に加えて、医療スタッフにレセプトの仕組みを啓蒙することも求められています。経営理念がレセプトの内容にどのように関係しているかも確認できるので、医療スタッフ側にもレセプトに対する関心が強まっているのです。そのための具体的なヒントを提供します。

A  医事課の持つデータをしっかりと活用しよう

医事課の持つ多くのデータの活用を、医事課から提案することが求められています。これにより病院の実態が客観的に提示され、経営改善の指標とすることができます。そのために、どのようなデータを、どのように活用するかを考えていきます。

B  経営支援部門として病院全体に貢献しよう

医事課はバックヤードではなく、経営支援機能が求められています。ここでは、単なるデータや知識だけではなく、組織全体を横断的に結び付けることが必要となります。医事課職員の大半は医療資格を持っていませんが、そのことをマイナス要因ではなく、むしろプラス要因として活用するのです。その活動を積極的に進める過程で、医事課職員が大きな働き甲斐を見つけることも重要な注目点です。

 

【研修の進め方】

まず上記内容に沿って発題者からの報告、基礎的な解説を行ないますが、その後には質問や意見交換の時間をたっぷりと用意します。意見交換ではグループ別でのディスカッションなども交えて相互啓発を進め、認識を高めていただければと思っています。新奇な考え方よりも基本的な活動を中心として、具体的な活動について相互に情報交換することを目指します。これらにより、受講者の皆さんの問題意識が整理され、明日からの行動のヒントを持ち帰ることができます。機能の異なる病院からの、全国からの仲間との意見・情報交換は、大きな刺激とともに明日への活力も生み出してくれます。

 

【御参加いただきたい皆さま】

・医事課職員の皆さま(初心者から責任者まで共通する内容となります)

・事務長、経営幹部の皆さま(自院の医事課活性化のヒントが得られます)

・医療スタッフの皆さま(医事課との共同作業を改善するヒントが得られます)

(鈴木喜六=当会財務担当理事)

 

特別研修会 vol.61  開催概要

日 時  2017年9月15日(金) 10:00〜16:30

閉会後は引き続き講師を囲んでの追加の質疑応答情報交換会を行ないます

医事課として経営支援に貢献し働き甲斐も手に入れよう!

@    医事課としてレセプト業務を確実に努めよう

A    医事課の持つデータをしっかりと活用しよう

B    経営支援部門として病院全体に貢献しよう

発題者  一般社団法人これからの福祉と医療を実践する会 運営委員

 和久井 敏夫(第1課第2課を担当)

同   一般社団法人これからの福祉と医療を実践する会 副理事長

 天野 武城(第3課を担当、運営を兼務)

会 場   戸山サンライズ 大会議室  新宿区戸山1−22−1

         * 地下鉄東西線・早稲田駅より徒歩10分

           地下鉄大江戸線・若松河田駅より徒歩8分

* 6月16日(金)開催の第422回例会と同一会場です

 

参加費   当日いただきます(昼食代込)

         会員 ¥12,000   会員外 ¥18,000

       発題者を囲んでの追加の質疑応答情報交換会は、会員会員外とも¥5,000となります

 

定 員   30名 (申込順・定員に達し次第、締め切ります

 

    申込方法 ※

・下欄参加申込書に御記入の上、Faxまたはメール添付にて御送信ください。

・なお、本特別研修会のキャンセルは絶対に御勘弁ください。

開催日の前々日以降のキャンセルは上記参加費の半金を頂戴いたします。

 

一般社団法人これからの福祉と医療を実践する会 事務局  Tel.03−5834−1461

E-mail;jissensurukai@nifty.com

 

Fax03−5834−1462  実践する会・事務局行

実践する会 特別研修会 vol.61

医事課として経営支援に貢献し働き甲斐も手に入れよう!

事業所名(会員外の方は御住所も御記入ください)

会員区分→

法人会員・個人会員・会員外

 

追加の質疑情報交換

出席・未定・欠席

御参加者名(部署・役職名・経験年数も)

電話番号

Fax番号

 

 

「これからの福祉と医療を実践する会」についてのお問い合わせはこちらまで
事務局伊藤幸彦
連絡先:TEL  03−5834−1461
      FAX 03−5834−1462