ホームに戻る

一般社団法人これからの福祉と医療を実践する会 第424回例会

 

日  時   2017年8月25日(金)14:00〜16:30

テーマ   環境激変時の対応を

  組織としていかに進めるか?

……実践事例からの知見と指針

会  場   戸山サンライズ 中研修室
参加費   会員 8,000円  会員 15,000円

 

発題者

社会福祉法人恩賜財団済生会支部

神奈川県済生会 支部長兼常務理事

正木 義博 氏

 

社会環境はもとより、特に医療介護環境は同時改定で大きく変化することが予測される。骨太の方針では、2020年のプライマリーバランスをプラス化?とされた。したがって今回の同時改定では医療から介護への移行が明らかだ。診療・調剤報酬は引き締められ、介護報酬へのシフトが予測される。

過日、厚労省の幹部から「一番の問題は2040年問題だ」とうかがった。その間に疾病構造や患者の医療介護薬剤に対する考え方も大きく変わることだろう。さらに、高齢者への死に対する意識改革・支援も必須と考える。このように政策面と高齢者の意識変化・急増という観点から、原点ともいえる地域生活者のニーズをつかみ、施設の性格の把握と改善、かつ職員の育成・教育・広報および医療介護の地域内連携が肝要である。

では具体的に、いま何をすべきか! 今例会では、このような問題を明快、かつ済生会熊本病院の副院長を経て現在では神奈川県済生会の支部長として経営・管理・研修をされ、日本看護協会はじめ各地で研修活動をされている正木氏にご登壇いただく。

他に先駆け、その知見を見極め、いまこそ手を打つべき時と考える。経営幹部の方はもとより、職員教育の面からも多くの会員の皆様にご参集願いたい。                (天野武城)

 

日 時  2017年8月25日(金) 14:00〜16:30

発題者  社会福祉法人恩賜財団済生会支部神奈川県済生会

支部長兼常務理事  正木 義博

進行係  天野社中 代表   天野 武城(当会副理事長)

会 場  戸山サンライズ 中研修室

 地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分 大江戸線若松河田駅下車徒歩8分

参加費  会員 8,000円  /  会員外 15,000円

      (例会後の情報交換会費は 会員会員外ともに 5,000円です)

申込先  Tel.03−5834−1461 Fax.03−5834−1462

     E−mail;jissensurukai@nifty.com

URL http://www.jissen.info

 

 

 

 

 

第424回 環境激変時の対応を組織としていかに進めるか

8月25日(金)

 

例 会  出

         交換会  出

 

事業所名

 

参加者名

 

たいへん不躾な御質問にて恐れ入りますが、御欠席の会員各位に、おたずねいたします

御欠席の主たる理由は?

@テーマに興味がない  A当面の課題ではない

B誰も日程調整できず  C人的コスト的事由

Dその他

御希望のテーマ、発題者は?

 

 

 

 

 

御協力ありがとうございました

 

 

 

申込先  Tel.03−5834−1461 Fax.03−5834−1462

     E−mail;jissensurukai@nifty.com

URL http://www.jissen.info

「これからの福祉と医療を実践する会」についてのお問い合わせはこちらまで
事務局伊藤幸彦
連絡先TEL  03−5834−1461
       FAX 03−5834−1462