ホームに戻る

一般社団法人これからの福祉と医療を実践する会 第428回例会

 

日  時   2017年12月15日(金)14:00〜16:30

テーマ   地域医療連携推進法人は

「絵に描いた餅」なのか

……自院は関係ない、と思っていませんか

会  場   戸山サンライズ 特別会議室
参加費   会員 8,000円   会員外 15,000円

 

発題者

弁護士法人海星事務所代表社員、弁護士・税理士

表 宏機 氏

  同

九州大学名誉教授

信友 浩一 氏

 

地域医療連携推進法人(=以下、推進法人)は平成29年4月に制度が施行され、既に全国で4法人が設立されているが、どのような業務を行ない、どのような具体的メリットがあるのか分かりにくい、との指摘もある。今回は、この推進法人をめぐっての対応策を制度面と運用面の二方向から考える。

第一部では推進法人の制度について、政省令、ガイドライン等を基に設立手続きの実務などを確認する。2017年1月にも豊富な情報と丁寧な説明で好評をいただいた表弁護士にお願いした。

第二部では地域における新たな医療・介護事業のあり方(地域完結型システム)に深い造詣と実践の信友先生を迎えて、携わっておられる奄美大島におけるボトムアップ型推進法人(=ANMA)など、事例を踏まえて解説いただく。

推進法人に参加・不参加など法人によって対応は異なるが、戦略的な対応が不可欠。地域医療の生産性が問われる時代となり自院のみの生産性(経営効率)への関心では生き延びられない。

第三部が以上を踏まえた意見交換。推進法人は「地域や法人の方針によって対応が異なる部分」より「それらを超越していずれにも共通する重要な部分」のほうがはるかに大きい。推進法人に対して、外部からの流れに自分を委ねるのではなく、自分なりの考えを構築して主体的に取り組むための研修。相互に学びあうひとときとなる。                        (鈴木喜六)

 

日 時  2017年12月15日(金) 14:00〜16:30

発題者  弁護士法人海星事務所 代表社員、弁護士税理士  宏機

同   九州大学名誉教授  信友 浩一

進行係  ヘルスケアマーケティング研究所 所長  鈴木 喜六(当会財務担当理事)

会 場  戸山サンライズ 特別会議室

 地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分 大江戸線若松河田駅下車徒歩8分

参加費  会員 8,000円  /  会員外 15,000円

      (例会後の情報交換会費は 会員会員外ともに 5,000円です)

申込先  Tel.03−5834−1461 Fax.03−5834−1462

     E−mail;jissensurukai@nifty.com

URL http://www.jissen.info

 

 

 

 

 

第428回 地域医療連携推進法人は「絵に描いた餅」なのか

12月15日(金)

 

例 会  出

         交換会  出

 

事業所名

 

参加者名

 

たいへん不躾な御質問にて恐れ入りますが、御欠席の会員各位に、おたずねいたします

御欠席の主たる理由は?

@テーマに興味がない  A当面の課題ではない

B誰も日程調整できず  C人的コスト的事由

Dその他

御希望のテーマ、発題者は?

 

 

 

 

 

御協力ありがとうございました

 

 

 

 

申込先  Tel.03−5834−1461 Fax.03−5834−1462

     E−mail;jissensurukai@nifty.com

URL http://www.jissen.info

「これからの福祉と医療を実践する会」についてのお問い合わせはこちらまで
事務局伊藤幸彦
連絡先TEL  03−5834−1461
       FAX 03−5834−1462