ホームに戻る

一般社団法人これからの福祉と医療を実践する会 第432回例会

 

日  時   2018年4月20日(金)14:00〜16:30

テーマ   変容する融資姿勢に注視せよ

……有利な取引を進めるために説明能力の強化を

 

会  場   戸山サンライズ 大会議室
参加費   会員 8,000円   会員外 15,000円

 

発題者

ヘルスケアマーケティング研究所 所長

鈴木 喜六

 

民間銀行の経営が極めて苦しくなっており、極端な効率化など融資姿勢も変わっている。今回は、そのような銀行の変化にどう対応するかを取り上げる。テーマの第1はマイナス金利という強烈なパンチの理解だ。第2に、このパンチから脱するために銀行が融資先に要求する金利引き上げなどの懸念。第3は、医療機関がどのように対応すべきかを考える。

あるべき対応は、金利引き上げ要請を安易に受け入れないことに加えて、有利な取引を進めることを目指して次の3点となる。第1点は経営理念や長期計画と、それを受けての日頃の努力や工夫の説明だ。多くの医療機関はしっかりとした理念を基に多様な工夫を凝らしているのに、それを外部に説明していない傾向にあると思われる。第2点は「惑星直列に象徴される制度改革」の説明。銀行員にどのように説明できるだろうか。第3点は「見えにくい医療介護を取り巻く情勢の変化への対応」だ。健康格差や未病対策、アルコール依存症予防などに医療介護機関は無関心であるように見える。

今回のテーマは、表面上は銀行員にどう説明するかであるが、実は「自分たちが地域における医療介護機関としてどのように取り組むのか」という課題と全く同じだ。外部関係者にとっては関係機関にどのように助言できるだろうか。銀行への説明をきっかけとして自分たちの課題にどう取り組むのかを模索しつつ、皆で考える相互啓発の例会となろう。                 (鈴木喜六)

 

日 時  2018年4月20日(金) 14:00〜16:30

発題者  ヘルスケアマーケティング研究所 所長

  鈴木 喜六(当会財務担当理事)

進行係  医療法人財団健貢会総合東京病院 総務課課長

  外山 和也(当会企画担当運営委員)

会 場  戸山サンライズ 大会議室

 地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分 大江戸線若松河田駅下車徒歩8分

参加費  会員 8,000円  /  会員外 15,000円

      (例会後の情報交換会費は 会員会員外ともに 5,000円です)

申込先  Tel.03−5834−1461 Fax.03−5834−1462

     E−mail;jissensurukai@nifty.com

URL http://www.jissen.info

 

 

 

 

 

第432回 変容する融資姿勢に注視せよ

4月20日(金)

 

例 会  出

         交換会  出

 

事業所名

 

参加者名

 

たいへん不躾な御質問にて恐れ入りますが、御欠席の会員各位に、おたずねいたします

御欠席の主たる理由は?

@テーマに興味がない  A当面の課題ではない

B誰も日程調整できず  C人的コスト的事由

Dその他

御希望のテーマ、発題者は?

 

 

 

 

 

御協力ありがとうございました

申込先  Tel.03−5834−1461 Fax.03−5834−1462

     E−mail;jissensurukai@nifty.com

URL http://www.jissen.info

「これからの福祉と医療を実践する会」についてのお問い合わせはこちらまで
事務局伊藤幸彦
連絡先TEL  03−5834−1461
       FAX 03−5834−1462